家族で行った国内旅行の温泉地の家族風呂

家族で楽しめる国内旅行スポット

家族連れで楽しめる国内旅行先として、おすすめできるところが新潟県の海水浴場です。関東に住んでいる人でも車さえあれば、関越道を突き進むことで意外と短時間で到着します。関東の人にとって、海というと湘南とかイメージする人がいますが、車での移動を考えると、新潟でもそれほど遠い存在ではありません。
新潟の海水浴場の特徴は、とにかく人が少ないことです。そして、海はとても澄んでいて綺麗なのです。まず夏の海水浴シーズンでも新潟は海水浴ができる海岸がとてもたくさんあるので、人々は分散されます。海水浴場によっては、ほぼひと家族が独占できるようなところもあるくらいです。これなら、家族一緒にのびのびと海水浴を楽しむことができるでしょう。
しかも、海の水が澄んでいるので、場所によっては浅瀬であっても、小魚が泳いでいる姿を確認することができて、関東圏での海水浴では体験できないような驚きもあります。
新潟への国内旅行では、宿泊施設も新潟市内を中心として充実していますし、価格帯も比較的に抑えられていますから、使い勝手がとても良いのです。
家族で国内旅行でどこに行ったらよいのか迷っている人で夏場の国内旅行であれば、お勧めのスポットです。

いちご狩りへ国内旅行

国内旅行によく行く私たち夫婦、子供がいない分、両親を連れていくことも多いです。飛行機が苦手な父がいるので、国内旅行といってももっぱら、車で行けるような旅行です。遠距離ドライブというのか、国内旅行と言って良いのか、というくらい。
先日も、両親をつれて一泊旅行に行ってきました。1日目はゆっくりめに家をでて、お宿に早めに入って、おいしい食事と温泉にゆったりつかる贅沢な時間を満喫して、2日目は少しアクティビティに。とはいえ、70代の両親ですし、寒い日でもあったので、いちご狩り体験に行きました。いちご狩りだと、私たちも大好きないちごをいっぱい食べれるし、ビニールハウスはあったかい。そして、最近のいちご狩りはしゃがんでいちごをつむのではなく、立ったままいちごをとれるように、いちごが高い位置で栽培されています。時間制限のあるところないところ、品種が豊富なところ、いちご狩りだけでなく、ジャム作りなども体験できるところ、などいろいろ有るので、お宿近くのいちご狩りをネットで検索して、「40分食べ放題1600円、いろいろな品種あります!」というところへごはんも食べずに行って、いろいろないちごをおなかいっぱいたべました。両親も40分という時間がちょうど良かったようで、疲れることなく、時間いっぱい楽しんでいたようでした。
気軽に季節を楽しめる国内旅行にいちご狩りはおすすめです。

大人も楽しめる国内旅行先は?

国内旅行には様々な楽しみがありますが、大人ならたまには人混みの少ない穏やかな旅行を楽しみたいものですね。今からそんな大人の国内旅行におすすめの観光名所を紹介します。
一つ目は三徳山投入堂です。こちらは鳥取砂丘で有名な鳥取県にあります。特徴はその謎が多い外観です。断崖絶壁に建っているのですが、未だにどうやって建てたかが不明となっています。神様が投げ入れた事から投入堂と名づけられたという言い伝えもあるぐらいです。そんな歴史的なロマン溢れる素敵な観光名所ですが、見るためには少しの登山が必要で、雨の日には安全上の都合で登る事ができません。さらに、単独でも登る事ができませんので、そこはご注意ください。注意点を書きましたが、山を少し登りきった後に見る投入堂は、静謐な美しさがありますので、一見の価値があります。
二つ目は竹田城跡です。こちらは兵庫県にあります。こちらのおすすめポイントは『雲海』です。早朝にタイミングが合えば、辺りが雲に包まれ、幻想的な世界に入り込んだような素敵な体験ができます。ネットで雲海予報が見れますので、そちらを参考にすれば見れる確率が高くなります。もちろん昼間に訪れても素敵な場所です。
国内旅行はこれまで知らなかった日本を知るいい機会だと思います。私もいろんな日本を知ることができました。
今後もこのような出会いを求め、国内旅行を続けていきます。

家族で楽しめる国内旅行 ハウステンボス編

国内旅行で思い出に残っている場所として、ハウステンボスがあります。こちらに行ったのは娘が小学校の高学年になって少しませてきた、何かと反抗するようになってきたときです。そんな状態で国内旅行が楽しめるのか不安でしたが、旅行中なら家族全員で過ごすことになるので試してみようと行きました。
テレビの特集で見たことがありましたが、実際に行ってみると異国情緒が漂う街並みは美しく、珍しく娘が貸衣装を着たいと言ってきて、一緒に選んで着用して散策をしました。物珍しい環境に娘の表情は明るく好奇心に満ちていて、夫も楽しそうで、国内旅行を決行して本当に良かったです。
ハウステンボスは6つのエリアに分かれていて、散策だけではなくアトラクションも豊富で楽しめます。またグルメスポットも充実していて、和洋中からその他まで好きなものを選べますし、お洒落なカフェでお茶もできるのが魅力的です。ジェラートを食べながらだと自然と話が弾んでくれて、娘の思っていることが少しですが分かりました。
またショッピング施設もあり、グルメ系やオリジナル商品などさまざまなものがあって、選ぶのが大変です。最初は少し不安だった国内旅行ですが、かけがえのない大切な時間になってくれました。

竜宮城スパへ国内旅行

家族全員で国内旅行をすることが多いのですが、今回は念願の竜宮城スパまで足を運んできました。いつも国内旅行先を決める時には多くの時間を費やすのですが、今回は即決でした。年中プールを楽しむことが出来ますし、さまざまな種類のプールがありますので、一日では遊びつくせない人も多いのではないかと感じました。
まずは、一番長く居たのが屋内アトラクションプールのアクアパークです。ぐるっと回るような形状なので意外とスムーズに泳ぐことが出来ましたし、全長70メートルもあるウォータースライダーが楽しかったですね。子どもたちも面白がって何度も挑戦していました。
次に、天気が良かったのでガーデンプールにも行ってきました。夏季限定だということで、夏に行って本当に良かったと思っています。こちらもかなり大きなプールで、海を見渡すことが出来ます。
最後に、国内旅行と言えば美味しい物も食べなければ…ということで、同じ施設内にあるバイキングに行ってきました。子どもというのはバイキングが大好きですので、とても楽しんでいました。ゆっくりと食事をしたい場合には、バイキング形式ではない和食屋さんがあります。小さな子どもがいる国内旅行先としては、最高の場所だと思いました。
参考サイト